お知らせ

新型コロナウイルス感染症に関するQ&A(日本小児科学会HPより)

2020.04.17

新型コロナウイルスについて今の時点で分かっていること、よくある疑問についての日本小児科学会の見解がHPで公開されています。

ご興味のある方は参考にされてください。

※今後見解が変わる可能性はあります。

新型コロナウイルス感染症に関するQ&A

www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=326

(要約、抜粋)

①小児の感染者は成人に比べると少ないが、感染のしやすさは成人と変わらない。

②国内の小児の感染者のほとんどは家庭内で親からの感染。

③発熱、乾いた咳を認める一方で、鼻汁や鼻閉などの上気道症状は比較的少ない。成人と同じように、発熱が続き肺炎になる例も報告されている。一部の患者では嘔吐、腹痛や下痢などの消化器症状を認める。

④重症化する割合は成人に比べると低い。ただし小児でも重症化例の報告はあり、特に乳児は注意。

⑤現時点では、こども達の不調の原因はコロナ以外のウイルス感染が多い。呼吸状態が悪くなければ、新型コロナウイルス感染症を心配して医療機関を受診することは勧められない。そもそも一般の医療機関や救急外来では新型コロナウイルスの検査はできない。

他に、外出や友達と遊んで良いか、母乳は続けて良いかなどQ&Aがあります。